英検資格のメリット・申し込み方法等(英検(英語検定)対策基礎講座)

英検資格のメリット・申し込み方法等(英検(英語検定)対策基礎講座)

TOPページ 英検資格の基本 > 英検資格のメリット・申し込み方法等

 

英検資格のメリット・申し込み方法等

What is 英検!? ―英検資格のメリット―

実用英語技能検定試験(英検)は、財団法人日本英語検定協会が運営する英語検定試験で、日本人には最も馴染み深い英語の試験として知られています。

英検に合格したことで、英語が実際に話せるようになるというものではありませんが、数多くの文法やボキャブラリーを覚えることにより、基本的な英会話の下支えになることは間違いありません。

英検は、「聞く・話す・読む・書く」の4技能を、基礎知識から運用能力まで総合的に測定する試験と言われ、5級(中学初級レベル)、4級(中学中級レベル)、3級(中学卒業レベル)、準2級(高校中級レベル)、2級(高校卒業レベル)、準1級(大学中級レベル)、1級(大学上級レベル)の7つのレベルに分けられおり、自分に最も適したレベルを選んで受験することができます。

一次試験は筆記試験で、すべての級においてリーディングとリスニングの2部構成になっており、4、5級は一次試験のみで合否の判定が行われます。3級以上になると、一次試験の約4週間後にインタビュー形式の二次試験が課せられ、一次試験に合格した受験者のみ、二次試験に進むことができます。二次試験に不合格してしまっても、一次試験合格から1年間以内であれば、一次試験が免除となり、もう一度二次試験から受験することが出来ます。

英検資格を取得するメリットの一つとして、大学入試において英検取得者を優遇する場合がよくあるということがあげられます。推薦入試などにより英検取得者の優遇処置をとる大学は300校以上にものぼると言われています。特に高校生が、大学入試を有利に進める対策を考えるとすれば、英検は大きな強みになるでしょう。
しかし、そうは言っても何級でもOKというわけではありません。

英検取得者の優遇処置をとりいれる都内の私立大学は、一般的に準1級以上のレベルを要求しているようです。準1級は、大学中級レベルに相当すると考えられているので、高校生のうちに準1級を取得しておくというのは少々難しく感じることもあるかもしれません。しかし、段階的に英検資格を目指すことによって、コミュニケーション・ツールとして、英会話を実用的に運用するための文法、ボキャブラリーを備えて行くことができますので、実際に使う・話すための英語を習得するためにも英検受験は絶好の機会とも言えます。

英検の申し込み方法

How to apply? ―申し込み方法―

<試験会場>
試験会場は、英検を運営する日本英語検定協会が選定した会場の中から、受験者の希望受験地のもとづいて協会が指定します。

<実施時期>
試験時期は年に3回(6・7月、10・11月、1・2月に実施されます。)

<価格>(級によって異なります)
1級:7,500円、準1級:6,000円、2級:4,100円、準2級:3,600円、3級:2,500円、4級:1,500円、5級:1,400円

<願書の入手方法>
個人受験の場合は、電話で願書を請求する(03-3266-8311)か、最寄りの「特約書店(英検願書の配布と検定料の受領を取り扱う書店)」で入手することができます。インターネットで直接申し込む場合、願書は必要ありません。

<お申し込み方法>
インターネット、特約書店、郵送、協会、コンビニのいずれかの方法で申し込むことができます。1級~3級は3×3cmの証明写真が必要になります。

インターネットで申し込む場合:必要事項(級・受験地の選択など)を入力し、検定料金はカード決済、コンビニ・郵便局でのATM決済となります。

特約書店の場合:書店にて検定料金を支払い、書店で受け取った「書店払込証書」と願書を専用封筒に入れて、協会へ郵送します。

郵送の場合:検定料金を郵便振替で、願書と共に郵送します。

日本英語検定協会での場合:直接申し込み手続きをします。

コンビニの場合:コンビニ店頭の情報端末に必要事項を入力、申し込み控えを発券し、レジにて検定料を支払います。

受け取った書店領収書、為替受領証書、書留控等は、受験票が届くまで大切に保存しておいてください。

TOEICと英検

TOEICと英検

英語検定試験として現在最も注目を集めているのがTOEIC試験と言われています。大企業の約8割以上がTOEICのスコアを参考にし、企業によっては社員に受験を義務付けているところもあるため、多くの大学生や社会人が受験しています。TOEICテストは、日常生活の場面や国際的な職場環境でのコミュニケーション能力を測り、合否ではなく10点から990点までのスコアで評価します。また、TOEICはリスニング問題が試験の半分を占めています。リスニングが不得意と言われる日本人にとっては難関となりそうですが、日常的な英会話にはリスニング、つまり人の話を聞き取ることが最低条件となることからも重要視されるパートとなっています。マークシート式のリーディング試験では、特に解答の速さが要求されるため、試験テクニックや試験慣れした受験者が優位であるとも言われています。しかし、ネイティブ・スピーカーとのコミュニケーションにおいて、そのスピードに対応するためには、応答の速さも必要であると言えるでしょう。近年、スピーキングとライティングの試験も導入され、英検同様4つの英語能力(リスニング、リーディング、スピーキング、ライティング)のすべてを測定できるようになりました。

TOEICと英検では試される単語の種類や内容が異なるため単純比較はできませんが、相対的なレベルの比較は目安として;3級=245~345点、準2級=345~475点、2級=475~645点、準1級=645~875点、一級=875~990点あたりであると考えられます。ただ、TOEICが満点でも英検1級には不合格してしまったとか、英検1級に合格してもTOEICの満点をとれなかったという人もいるので、二つの試験の違いを知っておきましょう。
就職や転職などで参考とされるスコアは年々上昇傾向にあり、600点以上というのが一つの目安になっています。また外資系の企業の場合、700点以上は必要になるでしょう。

TOEICはスコアが世界で通用する世界共通試験だと考えられていますが、実際にはTOEIC受験者の9割が日本人と韓国人で占められているため、国際的な認知度は低いのが現状でもあります。TOEICは、日本企業においては大変重宝される試験ですが、海外への留学、就職、移住などを考えている場合には世界的に認知度の高いIELTSやケンブリッジ英検などの受験をお薦めします。

ページトップへ↑